更年期 ホットフラッシュ

若年性更年期障害とは?

更年期障害といえば、年齢を重ねた人が起こりうる症状だとイメージしがちですが、実は、20代や30代の若い年齢層の人にも起こる可能性がある症状なのです。
若年性更年期障害またはプレ更年期とも呼ばれるこの更年期障害は、年齢を重ねた人が苦しんでいる症状と同じようにホルモンバランスが乱れたことによって引き起こされます。
これらの原因となるのは強いストレスや不規則な生活、過剰なダイエットにあるのではないかとされています。
20代であれば、これまで経験したことのない社会人生活での重圧を感じたり、慣れない人間関係に悩むことも少なくありません。
30代になると結婚生活や責任ある役職につき、生活が大きく変化してしまうことはよくあることです。
そんな周囲の環境に精神的なストレスやプレッシャーを感じてしまいます。
これにより、脳が自分のからだを守ろうとして、ホルモンの分泌機能を低下させて無駄な機能を減らそうとしてこのような現象が起こるとされています。
ホルモンバランスを整えるには生活習慣の改善やストレス解消で緩和することもありますが、様々な症状が現れた場合には早めに受診するようにしましょう。