更年期 ホットフラッシュ

男性更年期障害とは?

加齢による体調不良や意欲低下は仕方ないこととあきらめていませんか?もしかしたら、その症状は男性更年期障害かもしれませんよ?
一般的に40代後半から60代前半の働き盛りの男性に起こりやすいのが男性更年期障害です。
更年期障害というと、女性特有の症状だと考えられていましたが、女性の更年期障害と同様に男性ホルモンのバランスの乱れによって引き起こされる倦怠感や頭痛、動悸、不眠、イライラ、不安感、性欲減退、EDなど心身共に不調を生じることを男性更年期障害(LOH症候群)と呼んでいます。
男性ホルモンの分泌は、第二次成長期のピークである20代を境に加齢と共に減少していきます。
さらに男性ホルモンの分泌が急激に減少する時期は、家庭や仕事など男性を取り巻く環境が目まぐるしく変化してストレスを感じる時期とも重なります。
このストレスが男性ホルモンの分泌減少を加速させてしまうのです。
男性更年期障害は様々な症状や病気を合併して重症化するリスクが高く、早めの対応が望まれる症状のひとつです。
そのため、症状に気づいたらすぐに受診することをお勧めします。