更年期 ホットフラッシュ

更年期っていつまで続くの?

からだやこころの不調が続き、辛い状態にある更年期障害は、ホルモンバランスが乱れたことによって引き起こされる症状であり、その部位や状態は個人によって異なります。
軽度の場合にはまったく症状が現れない人もいますが、重症化するとうつ病を発症したり、日常生活や仕事にも支障がでることもあり、見極めが難しいと考えられます。
更年期障害があらわれるのはホルモンバランスが大きく乱れる時期だけであり、からだがホルモンの分泌変化に慣れれば症状は緩和するとされています。
状況が落ち着くまでに要する期間は短い人で1年程、長い人であれば10年くらいと考えられ、平均で2〜5年くらいではないかといわれています。
ただし、生活環境や食生活、ストレスの度合いなどによって更年期の期間が長くなることも考えられます。
また、日によって症状が変化したり、一度治まったと思っていた症状が再発することもあり、症状と上手に付き合って、どう乗り越えていくかが大切だといえます。